第17回eco検定の回答速報

  第17回eco検定を受験された皆様には大変、お疲れ様でした。環境教育フォーラム21では独自に第17回検定の解答をまとめました。あくまで当フォーラムの見解により作成したもので、後日、発表となる正解と異なることがあります。自己採点や学習の参考にご利用ください。

ダイ(1点×10) ○×問題テン
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
2 持続可能な開発の定義が間違っています
1
2014年6月に絶滅危惧種に指定しました
2 自然環境で生産に最適な作物を、旬の時期に消費すること
1 4大公害裁判はすべて原告が勝訴しています
1
1
2 情報公開制度ではなく「パブリックコメント」です
1
ダイ2モン-1(1点×5) 「温室校ガスの削減」についてのテン長文問題
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
5 京都メカメカニズムクレジット
8.4カンケイ
9 省エネルギー
12 増加
15 クールビズ・ウォームビズ
ダイ2モン-2(1点×5) 「環境ラベル」についてのテン長文問題
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
2 環境ラベルブツ
6 第三者
3 エコマーク ブツ
7 自己宣言
10 エコリーフ
ダイ(1点×10) 四択の語句選択テン
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
4 熱塩循環モンダイ
4 白化現象
2 PM2.5
4 ヒートポンプ
3 リサイクルカツドウ
2 PCB
4 環境影響評価
1 CSR
トレーサビリティ
2 ソーシャルビジネス
ダイ4モン テン(1点×10)「都市と環境問題」の長文問題
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
6 パークアンドライドニンゲンカンキョウカイギ
ロードプライシングミライ
8 感覚公害
10 ヒートアイランド
14 熱中症セイメイ
18 遊水機能ワクグミジョウヤク
19 都市型洪水セキニン
   12 光害
   24 コンパクトシティネン
 25 スマートシティ
ダイ5モン  (2点×5) 文章選択問題テン
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
1 「生物ポンプ」は海洋による二酸化炭素の貯蔵機能
2 バイオマスは「カーボンニュートラル」な再生可能エネルギーです
3 企業に助成金を出すことは規制的な措置とはいえません
2 バクテリアを利用した「活性汚泥法」です
4 リスクコミュニケーションではなく「化審法」による審査です
ダイ6(1点×10) 4択の語句選択テン
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
2 公害対策基本法
温室効果ガスカツドウ
4 天然ガスボウシホウ
湿地
ウィーン条約チキュウオンダンカ
3 自然再生推進法カッセイオデイホウ
2 ホルムアルデヒド
2 ステークホルダー
1 CASBEEオガサワラショトウ
4 WEEE指令
ダイ7(2点×5)「日本のエネルギー政策」の問題テン
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
2 石炭
ベストミックスチサンチショウ
3 安定供給の確保と経済効率性
自然環境のなかで繰り返し補給されるので枯渇しない
3 買い取りの費用は利用者の電気料金に上積みされます
ダイ(1点×10) 4択の文章選択テン
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
3 食物連鎖の量的関係です
水素と酸素を反応させて電気をつくります
4 まず目標を設定して、目標達成の計画をたてます
2 有害廃棄物の越境移動を禁止した条約ナゴヤギテイショ
3 日本語では「国連環境計画」と呼ばれます
2 トリプルボトムラインをもとにサスティナビリティ報告書をつくる企業もあります
2 持続可能な社会を実現するための行動計画です
LCAの手法で環境負荷を算出しますモンダイ
2 途上国の貧困を解決することが環境問題の解決にもつながります
コンシューマーは消費者です
ダイ9(1点×10) 森林破壊と保全に関する長文問題テン
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
40億
5 中国
9 熱帯多雨林トウキョウト
10 地球の肺
14 医薬品
16 焼畑耕作
17 森林火災スイシン
22 森林原則声明キホンケイカク
24 急増する人口
27 リオ+20
ダイ10モン テン (2点×5) 文章選択
問題モンダイ 解答カイトウ 解説カイセツ
2 ユネスコエコパークではなくジオパークの説明です
1 予防原則ではなく源流対策原則の説明です
1 環境に配慮した自動車の開発・普及は緩和策
4 「特別管理廃棄物」ではなく「災害廃棄物」です
3 「もったいない」を国連で紹介したのはワンガリ・マータイさん

【第17回eco検定の講評】

 前回の16回検定で合格率が大幅に低下しましたが、17回検定ではさらに、合格率が下がりました。16回検定は公式テキストが大改訂され、改訂された部分から難解な問題が多数、出題されました。今回は逆に、改定後のテキストではトピックス的な扱いになっていた環境ラベルが長文問題で出題されるなど、第4版改定前の検定でよく出題された問題が目立ちました。問題自体は比較的、やさしい内容でしたが、改定後の公式テキストの内容とのミスマッチが目立ち、初めて受験された方は苦戦したと思います。