eco検定の概要と合格率

第23回eco検定の概要

eco検定試験日 12月17日(日)
eco検定申込登録期間〔個人〕 10月3日~11月2日
eco検定申込登録期間〔団体〕 10月3日~11月1日
受験票発送日 12月4日
結果発表日 2018年1月10日
試験時間 集合:13時30分  制限時間2時間
eco検定受験料 5,400円(消費税込み)
受験資格 eco検定受験で学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。

eco検定とは
◎eco検定は、正式には環境社会検定といい、東京商工会議所の主催により、7月と12月の年2回実施。2017年は7月23日、12月17日に実施されます。
◎eco検定は仕事や社会活動に必要となる環境知識の習得が目的です。90点以上とれる方は相当なレベルの知識を持っていると自信を持ってよいでしょう。こうした知識は環境対策だけでなく、新商品開発、新ビジネスの立案などにも役立ち、キャリアアップにもつながります。就職活動にも役立つ知識で、社会人だけでなく多くの大学生も受験しています。
◎しかしながら、別表の合格率の推移を見ると、50%前後が多く、簡単には合格できない検定です。
▼下表の「合格率の推移」をみると、2012年7月に実施された第16回eco検定以降、合格率は50%前後に落ち着いてきました。合格率を左右するのは出題傾向ですが、第12回検定から、公式テキストが大改訂され、出題範囲が広がったことが理由です。eco検定が始まったころは、比較的、難易度の低い検定といわれていましたが、合格率50%と考えると、簡単には合格できない検定です。1回での合格を目標にしっかりと準備を進めてください。

■□eco検定の合格率の推移□■
平均点  合格率
第21回(2016年 12月)=73.7  67.1%
第20回(2016年  7月)=77.0  74.0%
第19回(2015年 12月)=69.3  52.7%
第18回(2015年  7月)=73.0  62.3%
第17回(2014年 12月)=67.9  48.6%
第16回(2014年  7月)=69.5  52.7%
第15回(2013年 12月)=73.1     63.2%
第14回(2013年  7月)=71.1  58.0%
第13回(2012年 12月)=69.4     53.5%
第12回(2012年  7月)=70.4  55.7%
第11回(2011年 12月)=73.6    67%(推計)
第10回(2011年  7月)=72.8     64.1%
第9回(2010年 12月)=74.7   69.1%
第8回(2010年 7月)=74.5     66.7%
第7回(2009年 12月)=74.8   70.2%
第6回(2009年 7月)=72.9     65.2%
第5回(2008年 12月)=72.7   64.8%
第4回(2008年 7月)=78.1      79.7%
第3回(2007年 12月)=80.5   83.7%
第2回(2007年 7月)=68.7      51.5%
第1回(2006年 12月)=80.0   80.1%

⇒eco検定の出題範囲と学習法へ