よくあるご質問

「春(秋)の一日集中講座」、「重要ポイント集中講座」、「直前ポイントアップ講座」はの違いは?
・eco検定では問題の8割以上は公式テキストから出題されます。「春(秋)の1日集中講座」と「重要ポイント集中講座」は基本的に、パワーポイントを利用して、ビジュアルに公式テキストの内容を講義します。
・「春(秋)の1日集中講座」は環境初心者の方も理解しやすいように、テキストの章立て沿ってわかりやすく講義します。これに対し、重要ポイント集中講座では「地球温暖化問題」、「生物多様性の減少」など、テキストの内容をテーマ別に講義します。テーマに対応した時事問題も合わせて解説しますので、より、実戦的な内容となります。
・直前ポイントアップ講座はeco検定に出題されやすい模擬問題を地球温暖化などのテーマ別に解きながら、弱点を克服し、得点力アップが目的です。環境教育フォーラム21がオリジナルで作成した100ページに及ぶ問題集をご用意。問題は実際の検定と同様の形式で作成していますので、問題に慣れる効果もあります。受講された皆様から大変、効果があったと最も人気のある講座です。
受講する利点、効果はありますか?
・eco検定の合格点である70点をとるのは簡単ではありません。eco検定に出題される問題は経済、生物、地学、社会など幅広い分野にわたります。仕事をお持ちの社会人が、仕事の片手間で独学で習得するのは大変な負担となります。
・講座で基本知識、学習のポイントを習得した方が効率的です。時間の節約にもなるでしょう。講座や学習については受講者のご意見を参考にしてください。
・当フォーラムの講座は合格点の70点以上をとっていただき、1回での合格を目的としています。eco検定では難問、奇問も多少、出題されます。例えば、第22回検定では、我が国の環境ODAの地域別動向について出題されました。確かに公式テキストには記載はありますが、あまりにも専門的過ぎて、ここまでカバーするのは難しいでしょう。ODAの仕組みや日本の外交政策から類推すれば解ける問題ではありますが、こうした難問、奇問対策まで必要かどうかは受験者の皆様の判断です。当フォーラムでは基礎的な知識をしっかり習得し、1回での合格に重点を置いて、指導させていただいております。
講座にはいつごろから、何回受講すればよいのですか?
・eco初心者の方には早めの学習開始をお勧めしています。1ヶ月前で間に合うという人もいますが、実際に公式テキストを手にして慌てる方が多いようです。できれば、「春(秋)の1日集中講座」と「重要ポイント集中講座」、「直前ポイントアップ講座」と参加し、段階的に知識を習得していかれることをお勧めしています。参加費は上限制を設けております。効率的な学習にお役立てください。
・「重要ポイント集中講座」からの受講でもしっかり学習していただければ、合格は可能です。ある程度、知識のある方は直前ポイントアップ講座だけも効果はあります。
・学習については個人差がありますので何回、受講すればよいかは一概には言えません。講座に参加した方が、独学で学習するより効果があるとご評価いただき、複数回、受講される方が多数を占めております。
料金割引制度はありますか?
・eco検定を推奨している大学が増えていますので、学生の取得を支援する意味で、学割があります。また、講座参加の負担を軽減するため、2講座で受講で1万円とする割引、1万2000円でeco検定試験まで何回でも講座に参加できる料金上限制などがあります。
・合格できなかった場合、次回検定での講座については1回に限り、無料、2回以上については割引料金を適応させていただきます・
・企業、団体から従業員を5人以上、まとめてご参加いただく場合、団体割引料金を適応させていただきます。
講座開催日の直前の申込みでも参加できますか?
・空席があれば、直前のお申込みでも参加いただけます。ただ、直前ポイントアップ講座につきましては比較的早い段階で定員に達してしまうことがあり、直前ですと参加いただけないことがあります。
参加費を振り込んだのですが連絡がないのですが?
・一定期間内にお振込が確認できない場合に限って、ご連絡を差し上げることがあります。お振込みついては双方に記録が残りますので、確認のご連絡は差し上げておりません。振込が確認できない方にはご連絡を差し上げておりますので、お振込いただいている方はご心配することなく、ご来場ください。